アーカイブ

師走

2018年もいよいよ残りわずかとなりました。

今季一番の寒波もやってきて、東京も平均気温2度、そして日本一寒いと言われる北海道・陸別町というところではまさかのマイナス22.2度を観測したらしく、その様な寒さは体験した事がないので計り知れませんが東京にいても十分過ぎるほどのこの寒さに朝、お布団から中々起き上がれません。気がつくとスケジュールの予定が全て午後…あららっ。

とはいえ、さすが年末というだけで気持ちが落ち着きません。。

アレもコレも、年を越す前にと思うと忙しない日々に追われてついつい夜更かしをしてしまいます。
元々が夜行性な体質で深夜になればなる程元気になっていくようなところがあるので意識して早寝を心掛けなければ朝のお日様に出逢えないという体質⁇なので、睡眠不足には気をつけなければ!と心掛けてはいますが、なかなかその日のうちにお布団に入るなんて日は無かったかもしれない。反省です。

 

さて、皆さん今年はどんな一年でしたか⁇

今年の夏は物凄く暑かったり、豪雨があったり、寒波がきたりとただ生きているだけでも大変な天候も多かったように思いますが、体調のコントロールも大変だったのではないでしょうか?

お陰様で私は3月に始めたパーソナルトレーニングも順調に週1ペースで通い病気知らず・怪我知らずな一年をおくることが出来たのはいつもお世話になっているトレーナーさん、松尾さんのお陰です。

ダンベルや筋トレなんて絶対続かない!と思っていたのが嘘の様に真面目に通いました。21%あった体脂肪が年末には15%、筋肉量も1.5キロ増えました。「ただ細いだけじゃなく、強くしなやかな筋肉をつけて健康的なカラダづくりをしていきましょう!」この言葉通り、まだまだ全然へなちょこですが来年もこの調子で頑張りたいと思います。

 

この一年様々な変化と共に様々な感情と向き合いながら、時には抱えきれなくなったり凸凹しながらも沢山の「人」と関わって生きることができたのは、本当に幸せなことでした。

なんだか段々と「好き」と「嫌い」・「良いこと」と「悪いこと」表裏一体にあるものをまるまるひとつなんだと受け入れられる柔軟さも身に付いた様な、そんな気がします。少なからず若かりし頃よりは「自由」という感覚に飛び込んで溺れずになんとか泳げるくらいにはなってきたかしら…

こうだと思っていたことが違う角度からは違ってみえたり、自分の今まで作り上げて「こうだ!」と思ってきた価値観がパキンと崩れたり、解っていたことが全然わからなくなったり…

壊して壊して…

さて、その向こう側のもっと先には何に出逢えるのでしょう。まだまだそれは模索中です…。

考えではなくて、感覚を言葉にするのは本当に難しくてこういった内面に触れることを書くのはもの凄く難しいなぁ…と思うのですが…なんとなく伝わりますか⁇

 

何はともあれ今年一年、和泉紗江を気に掛け支えてくださる方々の存在は大きくて温かいものでした。そして、このDiaryを覗いて下さった方々、SNSなどを通して応援してくださった皆さんへ…

心より感謝申し上げます。

 

平成最後の年越し…。

どうやら今、「平成最後の」という言葉は流行りの様ですので私もこの機会に!

皆さま、どうぞ良い年をお迎えくださいませ。

平成30年11月30日   和泉紗江